エッセイ

実は「即断即決」は判断を間違えやすい!?「悩むこと」と「迷うこと」の可能性について

世間では迷ったり悩んだりすることは、さも悪いことのように取り沙汰されている節がありますが、私はむしろ逆で、迷ったり悩んだりすることはいいことだと思っています。

迷ったり悩んだりすることは、それだけ「それ」について真剣に考えているからと言う理由もありますが、何よりも結論を出した時の納得感が違うからです。

続きを読む

どうして大多数の人の副業はうまくいかないのか?

昨今の経済的状況からか、はたまた流行なのかはわかりませんが「副業」という言葉をそこかしこできくようになりました。

「副業」というのは本業以外の仕事で収入を得ることで、平たくいえばどこかの企業や組織に会社員として属し働きながら、片手間でビジネスや投資を行ってお金を稼ぐことを言います。

もちろん今よりもずっと前から「副業」はあり、流行ったり、影を潜めたり、流行ったり、影を潜めたりを廃れることなく絶え間なく繰り返してきましたが、スマートフォンが普及してからその姿形は大きく変わってきているように思います。

今では副業の種類もたくさんあり物販や転売などを繰り返す副業や、インスタグラムやYouTube、FacebookなどのSNSを利用した副業、サイトやブログを利用した副業など様々とあります。

・・・が、はたからみていて「副業」でうまくいっている人はほんの一握りのように思います。

それは、私の周りを見てもそう思いますし、赤の他人が情報を配信するSNSを眺めていてもその切り口やそこに現れる現象から見て「うまくいっている人は一握りだろうな・・・」と私の実感としてそう感じられます(見た目は派手ですけどね。フォロワー数もいるし)。

実は、私自身いわゆる「副業」という形からこの世界に入っており、本業と副業の狭間で揺れ苦しんでいた時期もある。

だからこそ、その気持ちはよくわかるし、うまくいく人とうまくいかない人の違いも大体わかります。

今回は、そんな経験からまだ一歩を踏み出せていない方や、もう一歩を踏み出しているけれどもなかなかうまくいかない人に向けて大事なことを伝えていきます。

続きを読む

謎に包まれたものを喜ぶ人が少なくなっている時代の流れと物事の本質について

今の世の中、なんでも「手軽」で「簡単」に「素早く」がブームになっています。

一言でまとめれば「時短」ということになるのでしょうか。

現代人はそれだけやることが多く、時間に追われているということを象徴しているのかもしれません。

面倒である状態を知った上でそれらを時短になる便利なものとして使いこなすのはいいと思います。

ただ本来ある状態、面倒な状態を無視して便利さを知ってしまうとそれはまた別の問題が生じてくるように思います。

また、なんでも「手軽」で「簡単」に「素早く」が一般化し、それが仕事にまで波及すると話は別となります。

本来必要となる「基礎」や「下地」をすっ飛ばして、その上に頑丈な建物を建てることはできないからです。

どんなに見せかけの建物が素晴らしく目にうつっていても、それを支える基礎がガタガタであれば崩れるのも早いし、仕事をする上で本質的なことからどんどん遠ざかっていくように思います。

続きを読む

アントニオ・ガウディ曰く「独創性とは起源に戻ることである」

最近、ふと調べ物をしていて、アントニオ・ガウディの言葉が目にとまりました。

私はアントニ・ガウディのことはある程度のことは知っているし、ガウディの名を知らない人でもサグラダ・ファミリアを設計した人といえば大抵は「ああ、あの人ね」とわかってもらえると思います。

そしてサグラダファミリアを知らない人でも、「100年くらい建築され続けてまだ完成していない建物だよ」というと「ああ、あの千葉にある!」とはならず(笑)、やはり「ああ、あの建物ね。それを設計した人なのね」とわかってもらえると思います。

いずれにせよ、調べ物をしていてふとした瞬間に目にとまったアントニ・ガウディ(またはアントニオ・ガウディ)の言葉が、私にとって様々なことを連想させる言葉であったことに違いはありません。

続きを読む

明石家さんまが考える芸能界で生き残るために必要なことと、それについての個人的な見解

どの番組だったかは忘れましたが、以前、明石家さんまさんが芸能界で生き残るためには何が必要かと問われた時に下記のように答えていました。

「せやなぁ・・・品があることやな。品がないとダメやねん」

確か、何かドキュメンタリー風のバラエティ番組だったかと思います。明石家さんまさんが愛用車(確か黒のベンツ)を運転中に発言した一言だったと記憶していますが、定かではありません。

この言葉がなぜか頭の片隅に残っており、ことあるごとに私にこの言葉を思い出させます。

「品(ひん)がある」こと。

これは芸能界だけではなくネットの世界、ビジネスの世界にも通じるものがあると思います。

ひいては何かを成し遂げ続け、生き残り続ける上で品があることは想像以上に大事な要素です。

続きを読む

市場が熱狂状態にある場合、詐欺の発生率と複雑性が急激に増す

先日、何気なくAmazonプライムビデオで「マネー・ショート〜華麗なる大逆転〜」という映画を鑑賞していました。

2007年から2010年頃にサブプライムローン証券が引き起こした一連の世界金融危機について扱っている映画になるのですが、例え話などを用いて、サブプライムローン証券がどれだけヤバい金融商品なのかについてわかりやすくまとめられていたように思います。

サブプライムローンによる金融危機は、巷では通称「リーマンショック」として名が知れ渡っている世界的な金融危機です。

要はアメリカで実態のない不動産バブルの金融不安から引き起こされた世界的な金融危機と言っても良いでしょう。

前から気にはなっていたのですが、いざ視聴しようとAmazonプライムビデオに切り替えても、なんだか気が乗らず、先延ばしになってしまっており、ようやく重い腰を上げて視聴した次第です。

結果、面白かった。

投資には疎い私でも十分理解し映画(物語)として楽しめるエンターテイメントに仕上がっていたと思います。

ところでその映画の中で気になる言葉がありました。

それはクリスチャン・ベール演じるマイケル・バーリの言葉です。

続きを読む

Amazonが急に英語表記に!?一瞬で「日本語」に設定しなおす方法

日本のAmazon(amazon.co.jp)は急にサイトが英語表記になることがあります。

それもなんの脈絡もなく・・・。

さっきまで日本語表記だったのになぜ・・・と思うことが大半ですが、今回はなかば強制的に日本語表記になおす方法についてお話ししていこうと思います。

しばらく待ってみてもAmazonの画面が日本語表記に戻らない場合は、試してみてください。

続きを読む

サイト運営で食べていくために必要なことは「たくさん読み、たくさん書くこと」

作家のスティーヴン・キングは、作家になるために必要なことは「たくさん読み、たくさん書くこと」だと言っています。

これについて、ウェブの世界で食べていけるようになるためにも同じことが言えると思っています。

つまり「たくさんの事例に触れ、たくさん発表する」結局はこれにつきます。

もちろん実際にそれを専門として食べていけるようになるためには、それなりの下地が必要になります。

これはどの業界でも同じことです。

ただ、そうしたものは、やりながら覚えて行けばいい。

極論すればそう思います。

実際、私のように業界に深くねざし(本当に根を貼っているわけではありませんが)、長年職業として食べていっている方々は、最初から「もうどこからでもかかってこい!相手のことは完全に熟知している!」という、万全の状態で参入した人は私の知る限り「誰一人」おらず、皆、何かこう、あ〜だ、こ〜だやっていくなかでそれぞれの課題を見つけ、行き当たりばったりで、それらをしらみつぶしに一つづつ解決していった結果、今に至るという人が多い気がします。

ただ、人は迷う。そうはいうもののやはり、何か「道」のようなものが必要になると思っています。

だからこそ、私は当ブログで何か「道」のようなものを記せて行けたらと思っています。

(余談ですが「役者」として、ふいに全知全能の神のような存在として業界に降り立ち一時の注目を集める方もいらっしゃいますが、そのような方は彗星の如く現れ、その名の通り消え去っていきます(笑))

続きを読む

ウェブの業界で生き抜くためには実力や努力とは関係ない部分での運や巡り合わせが必要になる

あまり語られることはありませんし、私自身もあまり積極的に語ることはありませんが、プロとしてウェブの世界で生計を立てていくためには、ある種の「資格のようなもの」が必要になるのではないかと私は考えています。

なんとなく。

「資格のようなもの」と言っている通り、特別な「札(ふだ)」としての「資格」ではなく、そこに存在しているようで存在しない、目に見えることのない不確かな何かとしての「資格(のようなもの)」です。

資格を得るためには「実力」はもちろん必要ですが、大きく「運」や「巡り合わせ」が関係しています(なかには「実力」1割、「根気」1割、「運」や「巡り合わせ」が8割だという人もいます)。

少し、思うことがあり、今回はこのプロとしての「資格」について、私なりの考えをまとめていきたいと思っています。

続きを読む

Amazon Ecoが黄色く光ってる際の対処法とAmazonアレクサの通知を簡単にオフにする方法

Amazon Ecoは、数秒ごとに黄色く光る場合があります。

これは、アレクサが何かをお知らせしたいサインであり「アレクサ、通知はある?」や「アレクサ、メッセージを読んで」といえば、アレクサがお知らせしたい内容を聞くことができます。

この機能は一見便利なようですが、時にAmazonEcoの所有者として登録しているアカウントの「欲しいものリスト」の中身を勝手に喋ってしまったり、Amazonで「購入した商品」のレビューを促したりとお節介をやくこともあります。

私の家にはリビングにアレクサがいるのですが、時に私が購入したことを知られたくない商品のレビューを求められることもあり、なんだかプライバシーもあったもんじゃないなぁと思うこともあります。

もちろん、アレクサの設定の「音声プロフィール」機能で「声」を登録し音声を最適化すれば、特定の人の声にしか反応できない(自分宛のメッセージのみを確認することができる)ような設定に変えることもできます。

ですが、いちいち声を登録するのが面倒なので私はやっていませんし、たぶん、私のような人も多いのではないかと思います(とりかかれば、おそらく、ほんの2〜3分の作業なのでしょうが重い腰を上げることができません)。

だけど、そうしたプライバシーを守るような設定に切り替えたい、それも簡単に、面倒をかけることなく・・・そう感じているわがままな私のようなあなたに向けて、ここでは簡単にアレクサの通知をオフにする方法を紹介することにします。

続きを読む