SEO

コードの書き換えやプラグインの影響でWordPressの画面が突然真っ白になった時の対処法

前回の記事で、何もしていないのに「noindex」タグが自動的に生成され、Googleからインデックスされなくなってしまう問題に対する1つの解決策をお伝えしました。

>>>ページ内に自動的に「noindex」タグが付与される原因の探り方と対処方法について1つの回答

その記事内でも触れましたが、WordPressでは勝手にコードをいじったり、何も考えずにプラグインを追加したりすると突然画面が真っ白になってしまうエラーが起きることもあります。

いい機会ですので、今回はWordPressの画面が突然真っ白になってしまい、管理画面を操作できなくなった際の問題の対処方法についてお伝えしていきます。

続きを読む

ページ内に自動的に「noindex」タグが付与される原因の探り方と対処方法について1つの回答

実は最近、私が10年ほど運営しているサイトで不具合が見られることが増えてきました。

ここ数年のウェブ上の技術の変化は凄まじいもので、何をせずとも意図しないところで様々な不具合が起こってしまうことが多くなってはいたのですが、さすがに見過ごせないエラーがあります。

それは何もしていないのに自動的に「noindex」タグが生成され知らない間にサイト内のページに付与されてしまいサイトがGoogleにインデックスされなくなってしまうというエラーです。

「noindex」タグはサイトをGoogle検索を行った際に検索結果として特定のページやサイトが表示されないように、検索結果として表示して欲しく無いページに使うタグになるのですが、この「noindex」タグが私の運営しているサイトの複数で何故か日を追うごとに自動的に生成されてしまう不具合が増えてきおり、さすがにこれはきちんと理由を探って対処した方がいいと思い重い腰を上げることにしました。

といっても今回は原因不明の「noindex」タグの自動生成という、わけわからない状態だったのでとりあえずアタリをつけて、ひとつひとつ手繰り寄せていきました(とはいうものの、大抵はいつも問題が起きると原因不明で手がかりがない状態です)。

まあ終わってみればなんてことないエラーだったのですが、私と同じようにGoogle Search Console側の「noindex」の急激な増加によって悩まれている人も多いのかと思い、対処する際のヒントになればと思い、過程を追って記事にすることにしました。

長年ウェブサイトを運営していると、こうしたことがたまに起こるため、同じような事態に陥っている方などは今後のサイト運営のヒントにしていただければと思います。

続きを読む

レシピが含みもつ意味と「SEOのレシピ」について

「なんで、このブログはSEOのレシピっていうの?」

そう聞かれたことは今のところ一度もないですが(笑)、実はきちんとした意味があります。

どのような名前がいいかと考えていたときにちょうど木村拓哉(キムタク)主演のドラマ「グランメゾン★東京」がやっていたこともあり、「これだ!」と思ったからです。

・・・というのは冗談ですが(ただし視聴していたので、ブログのアイデアを考えるにあたって少しは影響を受けているかもしれません)、「レシピ」には一般的に用いられる「調理法」という意味とは別に様々な意味合いがあり、これらを網羅するものとして、この言葉以外、タイトルを表現する言葉はないと思ったからです。

続きを読む

SEOはコンテンツの味を整える調味料のようなもの。役に立つコンテンツを作成することが高みに昇る術

他の記事でもお伝えしていますが、現在のGoogleのアルゴリズムは非常に複雑です。

それもほんの数年前と比べると、比較にならないほど複雑になっているように感じます。

ですから、SEOで人気の高い商用キーワードで検索ランキング上位を取り続けることは、一般の方々には非常に困難なものだと思ってください。

既にその座を確立しており安定的な成果が期待できる商用キーワードは、それなりに大きなものなると(Googleアルゴリズムの裏をかかない通常の方法では)上位表示させるには最低でも2〜3年はかかると思います。

(もちろんアルゴリズムの裏をついたやり方で、検索ランキングで上位に上がってきたとしても長続きしません。そうしたことは過去数えきれないほど何度も繰り返されていますが、みな一様にランキング下位もしくは圏外に落とされてしまっています)

これから新しいメディアを立ち上げる場合で、さらにSEOで集客を狙っていく場合は、まずは隙間を狙ってキーワードを獲得し、ユーザーとGoogleからの信頼を得た上で、時間をかけて商用キーワードに移行していくという流れがいいのではないかと思います。

続きを読む

ブログ×SEO×コンテンツマーケティングの可能性について

SEOは手段です。

何の手段かと言えば、あなたが広めたい商品とあなたの商品なりサービスを必要としている顧客とを結ぶための手段です。

そしてSEOはインターネット上にビジネスを展開する上で、もっともスタンダードな手段であり、優れたマーケティングの一つだと思ってください。

SEOとコンテンツマーケティングは非常に相性が良いと感じています。

今回はSEOとコンテンツマーケティングについてお話ししてきます。

SEOとコンテンツマーケティングは本来別々のものであり、別のものとして考えるべきですが、この2つを組み合わせたとき検索エンジン上では非常に効果的なマーケティングとなります(SEOとコンテンツマーケティングを一緒のものとして考えている方もいますが、この2つを混同してしまうと本質的にはコンテンツマーケティングは成り立ちません。一緒にしてはいけません)。

続きを読む

Googleのコアアップデート後に取るべき対策と、SEOには答えがない件について

SEOに正解はありません。

そこにあるのは現象だけで、いついかなる時も、今何が起こっているのかをつぶさに観察し丁寧に読み解く必要があります。

SEOの世界に答えはない以上、それを追い求めるだけ時間の無駄だと思ってください。

SEOに答えを求めれば求めるほど、深みにはまっていきますし、まるで意味のないいたちごっこになります。

続きを読む

キーワードに左右されないコンテンツのつくり方

キーワードに左右されないコンテンツをつくるには「周辺のキーワード」に対する深い洞察が必要となります。

「周辺キーワード」のことを「共起語」というのが一般的ですが、私はよく「キーワード周りのキーワード」だったり、「そのキーワードを連想させるワードの塊」、「周辺キーワードの表現」「キーワード周りの文脈」などといった表現をします。

そして私はコンテンツを作成する上である意味「キーワード」よりも頻出する「周辺キーワード」に重きを置いています。

一般的には「キーワード」や「共起語」に重きを置くのに対して、なぜ私は「周辺キーワード」をより大事にするのか?

その理由は「キーワード」に左右されないコンテンツを作成するためであり、もちろんユーザーに選ばれるコンテンツを作成するためです。

今回は「周辺キーワード」を大事にするその理由と「共起語」と「周辺キーワード」との違いなどについて重点的にお話ししていき、キーワードに左右されないコンテンツのつくり方についてお話ししていこうと思います。

続きを読む

共起語の使用は実はリスクが高い?SEO効果とサイトが飛んでしまうリスクについて

Googleは共起語の使用をコンテンツの評価軸の一つとしていると言われています。

一方でWEBマーケッターの中には異論を唱える方もいて、共起語の使用はSEO上の評価軸とは関係ないとする動きもあります。

では、プロとして私の立場や考え方はどうかと言うと、共起語は確かに評価軸には含まれていると思われるが、キーワードごとに共起語が及ぼす影響度や重要度は違い、さらに所構わず何でもかんでも共起語を含めれば良いと言う単純なものでもなく共起語は使い方によって有効に働くこともあれば悪く働くこともある・・・としています。

つまり共起語の使用は「A」と言うケースにとっては有効だが「B」と言うケースでは悪く働くこともあるとしており何でもかんでも共起語の使用をよしとする動きに警鐘をうながす立場をとっています。

今回の記事では、まず内容を理解するための共通認識として、共起語とは何かと言うことから、なぜ共起語を使うとサイトが飛んでしまう可能性が高くなるのか共起語を使うリスク、それに健全なサイト運営をする上での共起語の正しい使い方についてプロの視点でお話ししていこうと思います。

そして共起語がSEO上効果的かどうかと言うよりも、より本質的なことについてお話ししていきます。

続きを読む

iPhoneのSafariでページ内検索機能を使ってSEOで成果を上げる方法

iPhoneのSafariでは簡単にウェブページ内の任意のキーワードを拾い上げることができます。

これを「ページ内検索機能」と言います。

一般的にはページ内の特定の単語を検出する際に用いられますが、私は、このページ内検索機能を「SEO的」にどのようなキーワードがどのくらいページ内で使われているのかなどを知るために利用することもあります。

今回の記事では、まずはiPhoneのSafariでページ内検索をする方法をお伝えし、応用編として私が「SEO」的にどのようにページ内検索機能を使っているのかのポイントや考え方について、エッセンスを簡単に書き記していきます。

続きを読む

All in One SEOのAIOSEOスコア表示を非表示にする方法

WordPressのプラグインに「All in One SEO」があります。

そして2020年に「All in One SEO」がバージョンアップしてから、「AIOSEO スコア」という余計な採点機能が追加されてしまいました。

この「AIOSEO スコア」は不思議なことに何もコンテンツをいじらなくても、更新をかけると点数が上がったり、点数が下がったりします。

「All in One SEO」の「AIOSEO スコア」は、何かしらのアルゴリズムで機械的に採点しているだけで、しばらく様子を見ていましたが、SEO上そこまで特別な意味を持っているとは思えず、コンテンツをアップされるたびに表示されるのが段々、目につくようになってきました。

「All in One SEO」の「AIOSEO スコア」・・・これを非表示にしたい。

そう感じている方は多いかと思い、今回は、「All in One SEO」の「AIOSEO スコア」を非表示にする方法をお伝えしていきます。

続きを読む