サイトやブログでSEO上有利になる見出しのつくり方と5つの要素

見出しは文書を正確にかつ分かりやすく伝えるために必要な技術の一つです。

雑誌、書籍、新聞、学術文書、Webページ・・・あらゆる媒体や文書で見出しが使われていますが、基本となる見出しの「役割」や「使われ方」は同じであれど、それぞれの媒体での細かい「使い方」は違います。

そこでここでは、サイトやブログで使われる見出しの使い方を中心に、SEO上有利に働く見出しの使い方や基本となる考え方についてお伝えしていきたいと思います。

見出しの使い方はサイトやブログを作成する上で多くの検索ユーザーの目に触れる機会を増やす基本的な技術の一つであり、ウェブライティングにおいても重要なスキルの1つです。

記事内に書かれている見出しの使い方をしっかりとマスターしていただき、迷いなくよりユーザーにとって役に立つページをたくさん作成して行ってください。

検索エンジンを意識したライティング技術をウェブライティングと言います。

見出しの使い方はウェブライティングの中でも基本的かつ重要なスキルの一つとなるので、正確に学び絶対にマスターをしてください。

・ウェブライティング=検索エンジンを意識したライティング技術

★見出しとは

見出しとは、その後に続く文章が何について書かれた内容なのか要点が短文でまとめられている文章のことを言います。

見出しによりマークアップされた文章を読むだけで、文書の途中であっても見出しの後に続く文章が何について書かれた文書であるのかを瞬時に見分ける効果を生み出します。

文書を通しての内容を理解するのに見出しは役立ち、文書全体の文章の構成をわかりやすいものとしてくれます。

※ただし、新聞記事の見出しはある意味特殊で、文法上の正しい文になっていないことも多く正確には「文章でない」見出しも多く見受けられます。もちろん新聞記事の見出しであっても見出しの部分が後に続く文章の要点をまとめたものであるという点は共通しています。ただし、新聞記事の見出しは、あえて感情を揺さぶるような表現を持ってくることもあります。これは読み手を飽きさせず、注意を引くテクニックの一つだと思ってください。また、一般的に文章は短文になればなるほど、細かい真意が伝わらず誤解を生みやすくなりますので見出しの使い方にには注意してください。

「タイトル」はその「文書全体」が何について書かれたものなのかを示すものであるのに対して、「見出し」は「その後に続く文章」が何について書かれたものであるのかを示す役割をします。

・タイトル:文書全体で主張したいことがまとめられている文章
・見出し:後に続く文章で主張したいことが短文でまとめられている文章

良質な見出しとは

理想的な見出しは、その後に続く細かい文章を読まなくても、ひと目見ただけで、そこから何について書かれてあるのかを理解でき、さらに読み手の興味関心をそそり読まずにはいられなくさせる見出しです。

つまり、見出しの一文でその後に続く文章が何について書かれているものなのかを示し、読み手の興味関心を引くことができればより効果的な見出しとなります。

見出しの役割は、読み手を文書に引きこみ、その後に続く文章を読ませることにあります。

ですから本質的には、見出しには読み手が知りたい情報を含める必要があり、読み手に注意喚起をし文書に集中させる必要があります。

 

※良質な見出しは、見出しを追うだけでもその文書が何について書かれてあるのかをかいつまんで理解できる上に読み手の注意を引き文章に引き込む見出しになります。

 

※その後に続く文章が伝えたい内容を簡潔にまとめる見出しの技術は新聞記事に勝るものはありません。ただしウェブライティングではただ簡潔にまとめるだけではなくプラスアルファの要素が必要になります。ではどんな要素が必要になるのか、それについては記事後半部分に記してあります。ウェブライティングでの見出しの使い方について理解を深めるためにも、この後の文章を順番に読み進めてください。

【各媒体で共通する見出しの役割】

・その後に続く文章を簡潔にまとめる
・短い言葉(短文)でまとめる
・大きな文字で強調する
・読み手の注意を引き集中力を持続させる

★【見出しの使われ方】情報を伝えるときの基本的な文書構成

世の中には雑誌、書籍、新聞、学術文書、Webページと様々な文書が存在しますが、細かい文書構成の違いはあれど基本的な文書構成は万国共通で同じです。

見出しの使い方を学ぶ上で、文書構成の基本をおさえることは大事なファクターになりますのでしっかりと押さえておいてください。

【基本的な文書構成】

1:タイトル
2:リード文(前文・冒頭)
3:見出し(1)
4:文章(1)
5:見出し(2)
6:文章(2)
・・・・

1:タイトル

その文書が主張したい内容(伝えたい内容)を簡潔にまとめた文章または言葉。

2:リード文(前文・冒頭)

これからその文書が全体を通してどのような内容をについて取り扱うのかの概要。

一般的に数行でまとめられその文書が何について書かれた情報であるのか、記事の内容が要約された文章。

ここに結論を持ってくることもある。読み手の関心度の高い結論を持ってくることで読み手の注意を引き、最後まで際なく後に続く文章を読ませることができる。

3:見出し(1)

タイトルとリード文(前文)の流れを引き継ぎ、後に続く文章を簡潔にまとめた言葉。

4:文章(1)

見出しの流れを引き継ぐ、本文にあたる文章。

一般的な文書は読み進めるほどにタイトルを縦に深掘りしていく。

5:見出し(2)

タイトルやリード文(前文)、前の文章を引き継ぎ、後に続く文章を簡潔にまとめた言葉。

6:文章(2)

見出しの流れを引き継ぐ、本文にあたる文章。

階層が深くなるほどタイトルとして設定したテーマに対して、縦に掘り下げていき真相に迫っていく。

・・・・

文書によっては、文と文の間に関連するトピックを新しい見出しによって扱ったりしますが、読み手にとって分かりやすい文書構成は基本的には上記の通りに進む形になります。

以上で見られるように見出しは文書に緩急のメリハリをつけ、読み手の注意をひき、読み手の集中力を持続させ、読み手を引き込む効果があります。

その後に続く文書の展開を変えたり、箸休めのような使われ方をすることもあります。

※あらゆる文書に共通して言えることですが「誰に向けて書くのか」が非常に大事なポイントとなります。このトピックについては今回の記事では扱いませんが読み手に伝わる、分かりやすい文書を書く上で非常に大事なポイントとなります。

★ウェブライティングでの見出しの役割

ただしウェブライティングでは文書を直接届けたい相手(人間=エンドユーザー)だけではなく、SEOを意識してGoogleにとっても分かりやすい構成にしなければなりません。

なぜなら、検索エンジンを意識したライティングの場合、検索エンジンに好まれる書き方をしないとGoogleのデータサーバー上の正しい場所に情報が格納(インデックス)されず、キーワードを打ち込んでも検索結果として上位表示される機会を逃してしまうからです。

そうした意味では、雑誌や書籍、新聞などと違い、サイトやブログで使われる見出しは他の媒体にはない要素が必要となり、違う部分で細心の注意を払う必要があります。

もちろん、見出しの基本的な役割である、その後に続く文章を簡潔に表現するという基本的な使われ方はオフラインの雑誌や書籍、新聞などと変わりません。

サイトやブログで見出しを使う際は常にSEOを意識する必要がある

サイトやブログで見出しを使う際は、常にSEOを意識し、そのトピックで重要となる「鍵となる言葉」に「関連する言葉」をちりばめる必要があります。

そして見出しで使用される言葉が文書全体で扱うテーマと関連しあい、「鍵となる言葉」と「関連する言葉」の関係性が深ければ深いほど、SEO上、より効果を発揮し検索エンジンに働きかけるようになり、検索エンジンに対して最適化をはかれるようになります。

これはページ単位ではなく、サイトやブログ単位(ドメイン単位)で見ても同じことが言えます。

一括りにしたテーマとサイト全体としてみたときのページ内の言葉がお互いに関連しあうほど相乗効果的にSEO上有利に働くと思ってください。

しかしやりすぎはダメで、あくまで自然にサイトのテーマとページ単位で扱う「鍵となる言葉群」が統一されるようなつくりにしないといけません。

サイトやブログの見出しは、雑誌や書籍、新聞、学術文書とは違う技術が必要

そうした意味ではウェブライティングの見出しのスキルは雑誌や書籍、新聞、学術文書などと違う技術が必要になります。

見出し内で使われる言葉に必ずしもキーワードを入れる必要はありませんが、そのキーワード周りの言葉で、なおかつキーワードの中身を引き立てる関連用語を扱う必要があります。

さらに読み手の興味関心を引く言葉をちりばめたり扱う話題も読み手の関心度の高い内容を扱う必要もあり、検索エンジンに対して最適化をはかるためには非常に高度なテクニックが必要になります。

もちろん、検索結果として上位表示されることを目的としないライティング(セールスライティングなど)は、Googleを意識せずに自由に書いて構いません。

※キーワードによっては、「鍵となる言葉」が含まれていなくても、検索結果として検索上位にページが表示される場合があります。それはGoogleのアルゴリズムが関連用語を学習した結果、もっとも役に立つと思われる記事を自動的に上位に表示しているとみられます。Googleのアルゴリズムは、そこに向かってはいますが、道のりは遠く、現在の状況を見る限りGoogleに対して分かりやすい構成を心がけたほうが検索上位には表示されやすくなります。

良質な見出しはキーワードに関連する用語を含みもつ

例えば「Googleの検索アルゴリズムの本質と掲載順位を大きく左右する12の要因」で「今日の天気」とGoogleの検索窓で検索した際の話についてお話ししましたが、現在のGoogleは「今日の天気」と検索した際に、「どこの場所の天気」と言わずともお住まいの地域の天気情報であることはもちろん、「天気」というキーワードに関連して「気温」「降水確率」「湿度」「1日の気温の推移」「週間天気予報」までも表示されるようになっています。

つまり「天気」という言葉が入っていなくても、「天気」という言葉によって何を知りたいのかをGoogleのアルゴリズムが判断し、自動的に表示させるように働きかけるようにプログラミングされているということになります。

シンプルにこれがGoogleのアルゴリズムであり、必ずしもキーワードを使うことが、上位表示に繋がるわけではありません。

一般的にはキーワードは文書内で多く使うほど効果的だと誤った認識がされていることも多いですが、現在のGoogle、そしてこれからのGoogleはより文書が自然であることを好みますので、こうした関連用語の使い方が鍵となってきます。

ただし、狙ったキーワードによっては出来るだけキーワードを見出しに入れる方がSEO上効果的なケースもあり、それはキーワードを見てみないとわかりません。

※例えば、その文書を通して伝えたい内容にもよりますが、天気の場合は下記のように見出しを持ってくるとSEO上効果的な見出しなります。

<h1>今日の天気<h1/>
<h2>気温<h2/>
<h3>1日の気温の推移<h3/>
<h2>湿度<h2/>
<h2>降水確率<h2/>
<h2>週間天気予報<h2/>

何を強調して伝えたいのかによって見出しの位置や、それぞれの見出しのうちどのカテゴリーにそれぞれの項目を入れるのかは変わってきます。

★サイトやブログでSEO上有利に働く見出しのつくり方

サイトやブログを作成する際は、SEOを意識して下記の内容を見出しに含める必要があります。

【SEO上効果的となる見出しのつくり方】

1:見出しには文書内で伝えたいキーワードを含める
2:そのキーワードに紐づいているキーワード周りの言葉を含める
3:自然な形での利用をする
4:キーワード、関連する言葉の検索回数が高いものを選ぶ
5:より注意を引き込む見出しを意識する

1:見出しには文書内で伝えたいキーワードを含める

もしもあなたが作成した文書が検索した際に上位表示されたいのであれば、文書内で伝えたいキーワードを見出しに含める必要があります。

ただし、全ての見出しで使う必要はなく特に強調して伝えたい時に使用するようにしてください。

ただし位置は重要です。

Googleは文書全体をフラットに評価しておらず、一般的に「大事なことは先にいう」という原則から文書の上の方にあるキーワードを重視してみる傾向があります。

そのため文書の上の方の見出しでキーワードを含めた方がSEO上評価はされやすくなります。

キーワードを詰め込みすぎたり、過剰に使用してしまうとSEO上評価を下げる要因となりますので注意してください。

2:そのキーワードに紐づいているキーワード周りの言葉を含める

見出しでキーワードを含めない場合、キーワード周りの言葉を含めるようにしてください。

関連用語を見出しで使うことで、より自然な文章となりGoogleに好まれやすい見出しにすることができます。

ただし、一つの文書は基本的に1つのテーマで作成されるので、良質な文書であるほどに自然と見出しにキーワード周りの言葉は含まれるようになると思いますので、それほど意識しなくてもいいかもしれません。

3:自然な形での利用をする

いくらSEO上ポジティブに働くからといって、見出しの乱用をしてはいけません。

見出しの乱用は逆効果で、文書が読みにくくなる上に、Googleからの評価も著しく下げます。

やりすぎてしまうと、最悪の場合はウェブスパムとして扱われペナルティを受けてしまうので注意してください。

4:キーワード、関連する言葉の検索回数が多いものを選ぶ

検索回数が多ければコンバージョンにつながるわけではありませんが、もしも、あなたが作成したブログやサイトのページが検索流入数を増やす目的で作成されたのであれば必ずキーワードやキーワード周りの検索回数は調査しておくべきです。

検索回数が多いものほど文書内の分かりやすい位置に適切に見出しとして利用するとより効果を発揮します。

※分かりやすい位置や目立つ位置とは、多くの場合、文書内の始まりに近い部分のことを言います。

5:より注意を引き込む見出しを意識する

見出しの役割の一つは読み手の注意を引くことにありその後に続く文書を読ませることが目的で使用されます。

オフラインの雑誌などと違いウェブではこれが顕著に現れ、より読み手にとって注意を引き込む見出しをつけることで、読み手がスクロールをやめその後に続く文書を読み込んだり、文書全体を行ったり戻ったりしながら読み込まれ、文書全体が読まれるようになります。

サイトやブログの場合は、雑誌や書籍よりもその文書が必要であるのかを判断する読み手のスピードが早いため、チラッと見ただけで興味関心を引くような見出しづくりを心がける必要があります。

ウェブの場合、読み手の興味関心があちこちに広がっており注意力散漫な状態にありますから、読み手がその文書が必要かを判断するスピードは一瞬で行われます。

・・・

以上、ここでは簡潔に表現しましたが、最低限以上のことを意識して見出しを作成していただければ、SEO上ポジティブな効果を期待することができます。

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*